WST  
 
   
ノーツマイグレーション
 
Notes/Domino(以下ノーツ)は、企業の情報共有基盤として市場において圧倒的なシェアを誇り、多数の企業で導入・活用されてきました。一方で、ノーツを導入している企業の多くで、サポート切れ・運用負荷の増大・技術者の不足などの様々な問題が生じ、ノーツからの移行が検討されています。

ノーツと同様にグローバルな情報共有基盤であるSharePointは、オンプレミスからクラウドまで様々な選択肢を持っており、ノーツからの移行先として注目されています。しかし、ノーツとSharePointでは、プラットフォームのコンセプト自体が異なるため、双方のプラットフォームの特長を把握した移行プランの策定が大変重要となります。

ノーツとSharePoint双方のノウハウを持つ当社が提供する「ノーツマイグレーションソリューション」では、双方のプラットフォームの特長をふまえた移行プランを策定し、既存のノーツ資産価値を損なうことなく適切なコストでSharePointへの移行を実現します。

ノーツが抱える様々な問題
マイグレーション先プラットフォームに対する懸念
マイグレーションを行う
ベンダに対する不安
・将来性への不安
・データベースの氾濫
・運用管理のコスト負担
・技術の継承が困難
・移行費用が見積れない
・ノーツ業務が移行可能か
・データ移行できないと困る
・独自のデータも移行したい
・移行後イメージが見えない
・クラウドに移行したい
・期間と費用をかけても一部しか移行できないのでは?
・移行のノウハウはあるか?
・移行費用は妥当か?

問題点をクリアに
方向性を明確化

イメージを視覚化
ユーザニーズを満たす

経験と実績に基づき
確実な移行を提供
ノーツ移行アセスメント
SharePointへの移行
ノウハウと実績
・ノーツ環境の現状分析・可視化
・移行データベースの選定
・データベース機能の洗出し
・移行概算費用の提示
・プロトタイプ作成
・適切なプラットフォームの選択
・データ移行サンプルの作成
・お客様ニーズに合わせたコンテンツ移行
・独自のデータ移行ツール
・アセットパック
・ノーツとSharePoint双方の技術力
・ノーツからSharePointへの完全移行実績
・SharePointの業務活用ソリューションを多数構築
 

ノーツ移行の進め方
当社のノーツマイグレーションソリューションには、大きく以下の5フェーズがあり、移行に関する全てのフェーズでご支援が可能です。

お客様のご要望に合わせて、個別フェーズのみの対応も行っています。

アセスメント
・ノーツ利用状況の分析
・ノーツデータベースの選定
・ノーツデータベースの分析
・移行概算費用の算出
移行方針策定
・移行方針の策定
・移行費用の確定
製造
・SharePointテンプレートの開発
・移行用のカスタムフィルタ開発
移行
・SharePointへのコンテンツ展開
・データ移行
運用・保守
・立ち上げ支援
・移行後のコンテンツ運用・保守
 

 
ソリューションメニュー
 
   
 
関連ソリューション
 
   
   
 
事例
 
ノーツからOffice 365へのデータ移行
 
ノーツからSharePoint 2007へ完全移行
 
ノーツDBデータのHTML出力
 
お問合せ
 
サポート窓口
TEL:03-6300-9872
E-mail:support@websystem-tec.jp